正しいキッチンふきんの洗い方~いつでも清潔に使える方法

普段、テーブルを拭いたり、シンクを拭いたり、洗いたての濡れた食器などを拭くキッチンふきん。

キッチンは、言うまでもなく食事を作る場所ですので、直接私たちが口にする食品を扱う場所ですよね。その中の清掃アイテムとして、多くの方がキッチン用ふきんを使用していると思います。

ですが、汚れたふきんの正しい洗濯方法をご存知ない方もいらっしゃいます。

ちょっと待った!全自動洗濯機にまとめてポイ!

そんな方も多くいらっしゃると思いますが、イメージしてみてください…

あなたの汚れた靴下や、汗をかいた後のTシャツが入った洗濯機。

同じ水の中で、キッチンふきんを一緒に洗うなんて怖いと思いませんか?

また、洗濯用洗剤のほとんどが衣類専用ですので、キッチンふきんには不向きなのです。

市販されている洗濯用洗剤のほとんどが、脱臭・洗浄効果があるのと引き換えに刺激が強めな傾向ですので、食に関わるふきんを一緒に洗ってしまうのはNG。

私たちの食に関わるキッチンふきんこそ、私たちが一番大切に洗いたいものではないでしょうか。

 

台所用せっけんを使うメリット

65_1

台所用せっけん 白いふきん洗い135g(定価:税抜き120円)

 

台所専用のせっけんがあることをご存知でしょうか。

ドラッグストアのキッチン用品の棚に並んでいることが多いでしょう。

こちらを使用するメリットは、以下の5つです。

無香料・無着色で不要な添加物を加えていないので安全

✔ふきんの黒ずみや匂いなどを絶つ

✔匂いが残らないので料理中にも使用できる

✔漂白剤や蛍光増白剤を使っていないため手肌が敏感な方でも使える

✔ふきんだけではなく、まな板や鍋、食器などにも幅広く使える

画像の台所用せっけんは固形タイプですが、液体タイプも販売されています。

固形タイプは、一度購入するとかなり長く使えますのでおすすめです。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、キッチン用品の手入れをしっかりしたいものですよね。

是非、ふきんも衛生的に安心感のあるお手入れをしてください!

 

それでは、ふきんの洗い方の実演してみます。

 

実演!ふきんの正しい洗い方

まず、キッチンふきんは原則として手洗いしてください。

通常の洗濯せっけんでは、刺激が強すぎるので、台所専用のせっけんを使用します。

 

1:洗面器や洗面台にぬるま湯と汚れたふきんを入れる

65_2

2:せっけんを手で泡立て、ふきんを揉むように洗う(強く摩擦せずに優しく洗う)

65_3

3:洗面器(洗面台)のぬるま湯を取り替え、ふきんをすすぐ(二回繰り返すと効果的)

65_4

4:シワにならないように干す(折り畳んだ状態で干すと綺麗に仕上がる)

65_5

こんなにある!台所用せっけんの種類

台所専用せっけんは、現在多くのメーカーが販売しています。

個人的に、お値段もお手頃で使いやすいと思うのがMIYOSHIメーカーの商品。

一部ですが、MIYOSHIメーカー(ミヨシ石鹸株式会社)の商品をご紹介いたしますので、購入前に参考になさってくださいね。

 

無添加 食器洗いせっけん370mL(定価:税抜き250円)

miyoshi_1

こちらの商品は、基本的に食器洗い洗剤(液体タイプ)ですが、泡立ちが良くふきん洗いとしても使用できます。

香料や、着色剤、防腐剤などは一切使っておらず、手肌が敏感な方でも気持ちよく使うことができます。

詰め替え用は、350mLで税抜き180円という安さですので、気軽に購入することができますね。

 

無添加 台所用せっけん固形140g(定価:税抜き150円)

miyoshi_2

香料などを使用していない無添加せっけんですので、洗剤の香りが食器にうつる心配がありません。

固形タイプなので、一度購入すれば長く使用できるのも魅力の一つです。

ふきんだけではなく、お鍋やまな板などのキッチン用品も洗えるので、このせっけん一つあれば他の洗剤はいらないくらいです。

固形タイプのせっけんは洗浄効果も抜群ですのでおすすめですよ!

 

手肌のための食器洗い300mL(定価:税抜き380円)

miyoshi_1

こちらも、基本的には食器洗い用の洗剤ですが、もちろんキッチンふきんを洗うこともできます。

こちらの商品は、微香タイプで、ほのかにレモングラスの香りがします。

手荒れで困っている方などには特におすすめ!

肌バリア成分の緑茶エキスとムクロジエキスを配合しており、手に優しい洗剤となっています。

せっけんに、グリセリンとトレハロースをプラスしていますので、やわらかな泡に手が包まれる感触は心地良いですね。

詰め替え用250mLもあり、税抜き285円となっています。

 

まとめ

食べ物を扱う場所にあるキッチンふきんだからこそ、衛生面には気をつけたいもの。

確かに全自動洗濯機に入れれば、全て洗濯機が洗浄してくれますが、洗濯機も万能ではありませんし、洗濯用石鹸も様々な種類があり、適したものを使うことでリスクを回避することができるのです。

自分だけではなく、家族や恋人の健康を守りたい方はキッチンふきんを丁寧に洗うことを心がけてくださいね。




おすすめ記事:宅配クリーニング口コミ評判