洗濯ネットの意外な活用方法~忙しいあなたへとっておき情報

洗濯するときに欠かせないアイテムの「洗濯ネット」ですが、洗濯以外にも使える魔法のアイテムなのをご存知でしょうか。

100円ショップでは色々なサイズのものが売られていますし、何せ100円ですので経済面で迷うことなく気軽に購入できるのも魅力ですよね。

こちらで洗濯ネットの意外な活用方法を知ったあなたは、すぐに100円ショップに駆け込むことになるかも!

 

こちらでは、その万能アイテム「洗濯ネット」の活用方法をご紹介いたします!

忙しい方にもきっとご満足いただけるはずですよ!

旅行の際は選択ネットに入れて仕分けしましょう!

旅行の準備をしているときに、「下着」「タオル」「Tシャツ」などを仕分けしますよね。

仕分けるときは、洗濯ネットに入れてみてください!

525_1

大きな旅行カバンの中でもごちゃごちゃになる心配もありませんし、洗濯ネットの編み目から何が入っているかをすぐに確認できますので快適な旅行をすることができるでしょう。

 

…そして!

便利なのはここから!

旅行から帰ってきたら、当然ながら疲れていますよね。

たまった洗濯物を見たくない気持ちもあると思います。

しかし、洗濯ネットに衣類を仕分けて入れていた場合は、そのまま全自動洗濯機にポイ!

これで、疲れた体をゆっくり休ませることができますね。

お風呂のオモチャを簡単に干すことができます!

小さなお子さんのいらっしゃる家庭では、お風呂場にオモチャを用意していることって多いですよね。

しかし、お風呂場の性質上湿気がこもってしまいますので、そのままではオモチャにカビがはえてしまう危険性があります。

お子さんが直接手でさわる物は、衛生面でも安全に使用したいものです。

そんなときに洗濯ネットが力を発揮します。

525_2

お風呂を上がる前に、オモチャを洗濯ネットに入れます。

お子さんに「遊んだ後は片付けようね」という教育もすることができますので、是非お子さんと一緒にオモチャを洗濯ネットに入れてください。

洗濯ネットに入れたオモチャは、そのまま角型ハンガーを使用して干すことができますので手間もかかりません!

主婦も嬉しい!洗濯ネットは干し野菜にも使える!

干した野菜を調理したいときは、洗濯ネットを使って干すことができます。

その方法は、ただ干したい野菜を洗濯ネットに入れて天日干しするだけです。

525_3

どうですか?

非常に簡単ですよね。

洗濯ネットを使って干し野菜を作ると、ホコリなどからも守られますので衛生的にも安全です。

野菜は干すことにより「ビタミンB郡」「ビタミンD」「ナイアシン」「鉄分」といった体に良い成分の効果がアップしますので、是非作ってみてくださいね。

洗濯ネットで収納上手になりましょう!

シーズンオフの衣類などは、洗濯ネットに入れておくと便利です。

通気性が良いのでタンスの中に入れても、衣装ケースの中に入れても問題ありません。

仕分けすることにより、使いたいときはすぐに取り出せるのも魅力ですよね。

参考までに、我が家の仕分け方をご紹介いたします。

  • 洗濯ネット1:子供服
  • 洗濯ネット2:大人の服
  • 洗濯ネット3:クリスマスなどのイベント用衣類
  • 洗濯ネット4:手袋などのアイテム
  • 洗濯ネット5:パジャマ類

おおまかに、このようにわけています。

あなたの仕分けに合った洗濯ネットで収納してくださいね。

洗濯ネットを使ってオモチャを整理しよう!

子どものオモチャの中には小さなものもたくさんありますよね。

「お片づけしようね」と言っても、お子さんが戸惑ってしまうケースもあると思います。

どこに何を片付ければ良いのかわからないくらいのオモチャがある場合は、洗濯ネットを利用してお片づけしてみてください。

525_4

お子さんも楽しくお片づけできるようになれば良いですよね。

洗濯ネットは通気性が抜群ですので、オモチャにカビがはえてしまうといった心配もありません。

ホコリからも守ってくれますので、清潔なオモチャで遊んでもらうことができます。

レゴも洗濯ネットに入れて洗うことができます

先ほどもご説明いたしましたが、お子さんのオモチャには細かく小さなものって多いですよね。

親としては、いつも清潔なオモチャで遊ばせたいもの。

しかし、あまりに小さなオモチャ(レゴ)などとなると、綿棒で一つ一つ掃除しなくてはならないので、いくら時間があっても足りないものです。

ここで洗濯ネットが大活躍します!

まずは、レゴやブロックを洗濯ネットに入れてください。

525_5

そして、そのまま洗濯機にポイ!で良いのです。

お子さんによってはオモチャを舐めてしまうこともありますので、洗濯石けんは赤ちゃん専用の洗濯石けんを使用するのがベストです。

洗濯が終わったら、洗濯ネットに入れたまま乾かすと手間もかかりませんね。

まとめ

洗濯ネットは、洗濯以外のことにも使える魔法のアイテムなのです。

色々なサイズを集めて有効的に活用してくださいね。




おすすめ記事:宅配クリーニング口コミ評判