雨にも雪にも負けない!冬のアイテムのお手入れ方法

私は、北海道でも豪雪地帯と言われる地域に住んでいます。

雪の降る日に、近くのコンビニに歩いて行っただけなのに、帰ってくれば、まず部屋に入る前に玄関で衣類についた雪をはらいます。

そして、靴の中でビチョビチョに濡れてしまった靴下を脱いで洗濯機へ。

これだけでは終わりません。

雪で中まで濡れてしまったブーツを乾燥させなくてはならないのです。

新聞紙を敷いて、部屋の暖かい場所に置き…

 

もう!面倒くさい!

「どうしてコンビニ行っただけでこんな苦労しなくちゃならないのよー!」と叫んでしまいたくなります。

雪の降らない地域に住んでいらっしゃる方も他人事ではないですよね。

雨の日に、ほとんどの方が経験なさっているはずです。

特にブーツは、濡れてしまうとすごく嫌なニオイがするため厄介です。

 

では、こちらでは冬アイテムのお手入れ方法をご紹介いたします。

便利なアイテムもありますので、注目ですよー!

 

 

防水スプレーの使用は“相手を思いやる”という気持ちにもなる

ドラッグストアなどで販売している防水スプレーは、主に雨をはじくためのものですが、もちろん雪にだって対応しています。

メーカーによってお値段は異なりますが、私が使用しているのは、こちらの『エムズワン防水スプレー』です。

1456_1

ツルハドラッグ独自のメーカーで、お値段は420mlで451円です。

セールの日だともっと安く購入することができるでしょう。

1本買えば、しばらく使用できますので損をすることはないと思います。

 

≪使用できるもの≫

  • 衣類
  • スポーツウェア
  • アウトドア用品
  • バッグ
  • レインコート

 

≪使用できないもの≫

  • スウェード
  • プラスチック製品
  • 革製品
  • ゴム
  • 毛皮
  • 和服
  • ドライクリーニングできない衣類

私の話なのですが、雪の降る日に病院に行きました。

もちろん、コートやブーツは雪でビショビショ。

受付をするときに、雪を綺麗にはらい、玄関付近にあったハンガーにコートをかけ、靴は下駄箱に。

でも、濡れたものは玄関付近にひとまとめにしておくと、待合室の椅子が濡れない…という病院側の考えだと思います。

しかし、ここで困ったのがカバン。

カバンは手から離すことはできないので、もちろん待合室にも診察室にも持って行くものです。

しかし、雪がとけてビショビショになってしまったカバンには苦労しました。

ハンカチで丁寧に水滴が落ちないようにただひたすら拭くしかなかったんですよね。

他の患者さんのご迷惑になってはいけないですから。

…でも、私この日39度の熱があって病院に来たんですよ。

罰当たりなことを言いますがブッダ並みの苦行に感じました。

 

場所は違えど、苦労している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

営業先や来客先で、濡れたカバンをハンカチで拭くって、相手のことを思ってしていてもあまりスマートなものではないですよね。

こんなときに、防水スプレーは本当に強い味方となってくれます。

では、実践しながらご説明させていただきますね。

 

防水スプレーの使用方法

今回は、わかりやすくTシャツで実践したいと思います。

1:生地の汚れを手ではらい、濡れている場合は乾燥させる

1456_2

2:生地に対し約20㎝ほど離して全体的にスプレーする(しっとり濡れるくらい)

1456_3

3:スプレー後は20分ほど乾燥させる

14456_4

たったこれだけです。

手間も時間もかかりません。

しかし、スプレー後のこの威力を見てください…!

1456_5

もう雪も雨も怖くありませんね。

 

濡れて嫌なニオイのするムートンブーツの洗い方

冬に大活躍するのがムートンブーツですよね。

温かくて可愛いデザインのものが多いのですが、水を吸収しやすいというデメリットも持ち合わせています。

クリーニング店にお任せするのが一番安全な策なのですが、コスト的に考えると自分で手入れしたほうが絶対にお得です。

簡単にできますので、是非チャレンジしてみてください!

嫌なニオイともさようなら!

 

≪用意するもの≫

  • 新聞紙
  • やわらかいブラシ
  • 重曹
  • 不要になった靴下かストッキング
  • 防水スプレー

≪お手入れ方法≫

1:不要な靴下(あるいはストッキング)に重曹を入れて口をとじる

1456_6

2:新聞紙にムートンブーツを置き、やわらかいブラシで汚れを落とす

1456_7

3:防水スプレーをかける

1456_8

4:ブーツの中に重曹を入れた靴下(ストッキング)を入れて一晩置く

1456_9

重曹には、消臭効果がありますので、一晩靴の中に入れておくと驚くほどニオイが消えます。

上記のように重曹を使う場合は、三か月を目処に交換することで効果的に消臭することができます。

人間の足は、一日でコップ一杯の汗をかくと言われています。

ブーツから嫌なニオイがするのも無理はありませんよね。

重曹なら比較的コストも安いですし、料理でも使われているような素材ですので安心して使用することができます。

 

まとめ

雨や雪のトラブル、そしてブーツの消臭はこんなに簡単にすることができるんです。

今すぐにでも実践できるほど手軽なものですので、是非チャレンジしてみてくださいね!




おすすめ記事:宅配クリーニング口コミ評判