逆転の発想!?洗濯でジーンズを上手に色落ちさせる方法

今やファッションアイテムのひとつとして欠かせない存在となったジーンズ。

ジーンズが他のファッションアイテムと異なるのは、色落ちや穴空きなどのダメージ=マイナス要素がそのまま味となり、やがては価値へと変化していく点。

そのため、愛好家たちの間では、“ジーンズは履いて育てるもの”という考え方が深く浸透しています。

ですが、そんな時に誰もが頭を悩ませるのが“洗濯”という問題ではないでしょうか?

洗う?洗わない?ジーンズを巡る永遠のテーマ

1221_2

ジーンズの洗濯を巡っては「洗った方が良い」という意見と、「洗わない方が良い」という意見が真っ向からぶつかり合います。

中でも、生産量が極めて少なく歴史的にも貴重な1本として扱われる“ビンテージジーンズ”を愛する方々の間では、

  • 「洗うと価値が落ちる」
  • 「洗うと生地が傷む」
  • 「洗うと上手に色が落ちない」

こうした理由から、「洗わない」という意見が目立ちます。

「かあちゃん、また勝手に俺のジーンズ洗ったのかよ!?洗わなくて良いって言ってるだろ!」

「でも、ずっと洗っていないから汚くて…あ、ついでだから膝の穴あきも直しておいたわよ♪」

家族の間で、こんな会話を交わした経験を持つ方も少なくないことでしょう…

しかし、稀少なジーンズだからといって、何年も洗わずに履き続けるのは確かに不衛生で好ましくありません。

とは言え、洗濯をすればするだけ生地が傷むのも、避けられようの無い事実。

衛生面と商品価値…両者を天秤にかけてどちらに手を伸ばすのかは、あくまでも個人の自由ですが…

そんな問題は“ジーンズを上手に色落ちさせる洗濯”を行うことで解決できると思いませんか?

メリハリのある色落ちに欠かせないユーズド感

1221_3

ジーンズは洗濯しても上手に色落ちさせられる、という事実。

しかし、早く色落ちさせたいからと言って毎日のように洗濯していると、全体的にぼんやりと色が薄くなるだけの、メリハリのない色落ちになってしまいます。

ジーンズの洗濯で求められるのは、汚れを綺麗に落としながらも、“メリハリのある色落ち”を保つこと。

ここで言う“メリハリ”とは「ヒゲ」や「ハチノス」と呼ばれるシワや、「縦落ち」という色の落ち方など、毎日履くことで得られる自然なユーズド感(使用感)です。

  • ヒゲ…ジーンズの太もも付近に刻まれるシワ状の色落ち
  • ハチノス…太ももの後ろ(膝裏)に刻まれる、蜂の巣のような形をしたシワ
  • 縦落ち…太ももの上からひざの下あたりにかけて見られる自然な色落ち

ジーンズの色落ちで自然なユーズド感を出すには、とにかく“履いて履いて履きまくる”ということに尽きます。

毎日履き続けることで、ジーンズにはあなたの生活スタイルを反映させたユーズド感が徐々に浮かび上がってきます。

もし、ヒゲやハチノスなどをもっとクッキリ出したい場合には、ジーンズを履いて筋トレでもお馴染みの“スクワット”をしてみましょう。

スクワットを行うと腰回りから膝裏まで全ての範囲が動くので、動きのある色落ちが表現できるだけではなく、いつの間にか下半身の筋力もアップできて一石二鳥です。

その上で、次にご紹介する洗濯方法を実践すれば、ユーズド感を保ちながら上手に色落ちさせることが可能になります。

 

色落ち上手になるための洗濯方法

「ジーンズを洗う時は水洗いのみ」という人もいますが、汚れや菌が付着したジーンズは衛生面で難があるだけではなく、生地の傷みが早いという特徴もありますので、なるべく洗剤を使った洗濯をおすすめします。

その際に注意して頂きたいのが、基本的に蛍光増白剤や漂白剤が入った洗剤は避けるということ。

蛍光増白剤入りの洗剤で洗ってしまうとジンーズ全体が白っぽくなってしまい、漂白剤はデニムの色そのものを落としてしまいます。

洗剤の中には、“ジーンズ専用”を謳っている物もありますので、必要以上の色落ちを心配される方は、そちらを使用するのもおすすめです。

1221_4

ジーンズを洗濯機に入れる時は、ファスナーやボタンを閉じた上で必ず裏返し、洗濯ネットに包んでから洗うようにしましょう。

このひと手間を怠ると、洗濯機の中で他の衣類や洗濯槽と擦れ合い、思わぬ色落ちを起こしてしまいますのでご注意ください。

1221_5

洗い終わったジーンズは、ウエストが下になるように吊るし、直射日光を避けて風通しのよい日陰で干しましょう。

ジーンズに限らず、色柄物の衣類は直接太陽光に当ててしまうと、色あせの原因になってしまいます。

この時、絶対にしてはいけないNG行為が、早く乾かしたいからといって乾燥機に入れてしまうこと。

乾燥機を使ってしまうと生地が縮んでしまうため、乾かす場合はあくまでも“自然乾燥”を徹底してください。

まとめ

色落ちしたジーンズは、あなたの生き様を映した“分身”であると同時に“相棒”でもあります。

正しい洗濯方法で綺麗な色落ちを重ね、5年後・10年後も愛着を持って接してあげてください。




おすすめ記事:宅配クリーニング口コミ評判