洗濯前には必ずタグをチェック 洗えない衣類とその対処法

ちょっと待って!洗濯前には必ずタグをチェックしよう

衣類には必ず、使われている素材と洗濯方法を記したタグが付けられています。

現在では家庭用洗濯機もどんどん高性能になり、どんなものでも洗えるようになってきたため、洗濯の際にそうしたタグの注意書きをあまり気に留めることもなく、何でもかんでもそのまま洗濯機へポイッ…という方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、衣類に付けられた洗濯表示を見たときに、「手洗い」と「洗濯機」のマーク以外の衣類に関しては、基本的に一般家庭では洗うことが出来ないとされていますので、注意が必要となります(ドライマークは「この衣類はドライクリーニングが出来ません」ということを意味していますので、ご家庭で洗濯をする際の判断基準としては関係ありません)。

 

ところが、場合によっては洗濯表示で「×(不可)」となっている衣類でも、実際には洗えるケースというのが多々あるのです。

その際に、「とりあえず全てを洗濯機に放り込んで洗ってしまおう」という考え方は、根本的に間違っていると言わざるを得ませんので、それはお止めください。

素材と衣類の特性、そして使用する洗剤を理解し、なおかつ正しい洗い方を実践することで、初めて本来であれば洗濯不可の衣類でもご家庭で洗うことが可能になるのです。

 

とは言っても、中にはご家庭ではどうしても洗えない衣類というのも少なからず存在しているのも事実。

ここでは、そうした代表的な衣類をご紹介しますので、下記のような衣類を洗濯したい場合は、プロのクリーニング店や専門店にお任せするようにしましょう。

 

素材の種類に関係なく、水に浸けただけで色が出る衣類

115_1

水に浸けただけで染料の色が出てしまうような衣類は、基本的に洗えない場合が多いとお考えください。

単色の衣類であれば、まだ洗えるケースもありますが、複数の色を使用している衣類だと洗濯物同士で色移りが起きてしまいますので、無理な洗濯は控える方が無難です。

こうした衣類はドライクリーニングだと色が出ずに対応できる場合が多いので、プロのクリーニング店にお任せするようにしましょう。

 

アイロンを使っての仕上げができない衣類

115_2

ご家庭で洗うことができても、最後にアイロン掛けによる仕上げができない場合は、その衣類を着ることができません。

特に背広やジャケット、スーツなど、洗うと水による型崩れが激しい上にアイロン掛けが必要な場合が多い衣類は要注意です。

アイロン掛けができない場合は、プロのクリーニング店にお願いしてください。

また、最近ではご家庭の洗濯機で丸洗いができる「ウォッシャブルスーツ」というのも登場していますが、こちらもただ洗濯機に入れればOKというわけではなく、細かい洗濯方法やアイロン掛けの方法が指定されていますので、事前に必ず確認しましょう。

 

シワ加工やプリーツ加工などの特殊加工をしている衣類

115_3

シワ加工を施したズボンやプリーツ加工をあしらったスカートなどの特殊加工は、基本的に永久的なものではないため、洗濯時の水の影響によってそうした加工が消失してしまうケースがあります。

一度消失してしまった特殊加工は、一般的に再度復元することはできないため、特にウールやシルクなどの素材が使われている場合には注意が必要です。

 

革製品の衣類(一部に革を使った衣類も含む)

115_4

革ジャンや革パンなどの革製品も、基本的には洗うことが出来ない衣類となります。

中にはご家庭でも洗えるケースもありますが、失敗する可能性が極めて高いためおすすめはできません。

また、一部に革が使用された衣類の場合でも、洗濯時に革部分から色が出てしまうケースが多いので、基本的にはやはりご家庭での洗いは避け、プロのクリーニング店又は専門店にお願いするのがベストと言えます。

 

着物などの和服類

115_5

革製品の衣類と同様に、素材に絹を用いた着物などの和服も基本的にはご家庭で洗うことができない衣類となります。

たとえ洗うことはできても、素人ではアイロンを使っての仕上げが非常に難しいので、基本的にはやはりご家庭での洗いは避け、プロのクリーニング店又は専門店にお願いするべきでしょう。

また、最近では素材にポリエステルを使用した「洗える着物」というのも登場し、洗濯機を使っての洗濯が可能になっていますが、脱水後に干す際には着物用のハンガーを利用して型崩れを防止するように心がけましょう。

 

本当は洗えるが洗濯する自信がない衣類など

本来であればご家庭での洗濯が可能な衣類でも、洗うことに自信がない場合や、失敗が許されない大切な衣類の場合、無理に自分で洗うことは控えましょう。

もし失敗すれば、ただ後悔するだけになってしまいますので、そうした衣類を洗いたい場合はプロのクリーニング店にお任せしてください。

ご自分で一か八かの勝負に出るよりも、確かな技術を持ち合わせたクリーニング店にお願いする方が安心できます。




おすすめ記事:宅配クリーニング口コミ評判