その汚れ触れるべからず?自分でシミ抜きすべきかどうかを見極める術

どれだけ用心していても、ちょっとした不注意からうっかり付けてしまいがちな衣類のシミ。

「これくらいのシミなら自分でおとせるかな…?」

誰もが一瞬は、そう考えることでしょう。

でも、そのシミは本当に自分で処理しても大丈夫なシミなのでしょうか?

本当はプロのクリーニング店にお任せすべきレベルのシミかもしれませんよ?

A:「自分で処理をする」

B:「クリーニング店にお任せする」

二者択一を迫られた時、正しい判断材料は一体何になるのでしょう?

今回は、そうした際の究極の判断方法をお伝えします!

「あっ!こんなところにシミが…」

そんな時は、まずこちらの記事をごらんください。

目からウロコ間違いなしですよ。。。

 

専門家に委ねるという決断

1074_2

自分で行うシミ抜きの判断基準。

実はこれ、クリーニング店でもお客さんからよく質問されるお悩みなんだとか。

そんな時、多くのクリーニング店は「シミ抜きは先ずプロにご相談ください」とお答えするそうです。

つまり、「お店まで持ってきてね」というわけです。

それはなぜでしょう?

こうした結論は、別に「少しでも自分の店にお金を落としてほしいから」という浅ましい考えによるものではありません。

その理由は、シミ・汚れを「病気や怪我(症状)」、洗濯方法を「治療方法」、に例えると理解しやすくなります。

 

患者さんの症状(シミ・汚れ)はひとりひとり違います。

薬に対するアレルギーを持つ人もいれば、耐性が出来て薬が効かない人もいるかもしれません。

場合によっては手術が必要なケースの可能性もあります。

そのため、各々の症状(シミ・汚れ)に合わせて治療方法(洗濯方法)は大きく変わってきます。

つまりこれは、「病気になったら医者や薬剤師に相談してください」と同じ話なのです。

 

ひと口にシミと言っても、その種類や性質は様々。

素人判断で悩むよりも、専門家に判断を委ねるのが無難というわけですね

それでも、中には「どうしても自分で何とかしたい!」という方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、今日はただ一つだけポイントをお教えしましょう。

 

迷った時の答えはあなたの中に

結論から先に申しあげます。

自分でシミ抜きをすべきかどうか迷った時の判断基準は、

「失敗してもその衣類を諦められるかどうか」

この一点に尽きるのです。

1074_3

もっと科学的見地から根拠ある方法を期待されていた方…申し訳ございません。

ですが、これにもちゃんとした理由があるのです。

 

「この方法で汚れが落ちるのかどうか?」

という質問であれば、根拠に基づいたアドバイスをすることはできますが、

「自分で処理してもいいのかどうか」

という内容になると、それはご自身の気持ちの中での問題になってくるわけです。

 

そのため、ご自分でシミ抜きをしようと思った時はまず第一に、「もし失敗して色落ちしたりダメになっても諦められるのか…?」ということを自問自答してみてください。

その結果GOサインが出た場合は、実際にそう思える衣類を使い、試してみましょう。

 

素人判断は時に手痛い出費にも

クリーニング店では実際に、

「自分で漂白剤を掛けたらこんな酷い状態になった」

「自分で洗って縮んだセーターはどうにかなりませんか?」

自己判断で処理したことによる相談が多いと言います。

 

そうした場合、もちろん希望にそった処理を行いますが、中にはお直し出来いないケースも多く、シミ抜き代以上にお金がかかってしまう場合がほとんどだとか。

このような諸々の理由を考慮した上で、もう一度お聞きします。

「もし失敗しても、その衣類は諦められますか?」

  • 普段着だから大丈夫。
  • 古くなった服だから大丈夫。
  • 変わりの服があるから大丈夫。

気持ちが固まったら、あとは試してみるだけです!

失敗を恐れずどんどんチャレンジしてみましょう!

 

…ちなみに、これはシミに関する基礎知識ですが、ひと口に「汚れ」や「シミ」といっても、一般的にはその性質から主に以下の3つに分けられます。

  • 水性のシミ
  • 油性のシミ
  • 不溶性のシミ

しかし、汚れやシミの性質をより具体的に見ていくと、実際にはさらに細分化され、

  • 樹脂のシミ
  • 色素のシミ
  • タンパクのシミ
  • 漂泊のシミ

これら4つのシミを加えた7つに分類されるのです。

実際には「これは何のシミだろう?」と疑問に思うことも多いと思いますが、素人でも衣類についたシミが「水性」と「油性」のどちらであるかを判断するのは、実はそれほどむずかしいことではありません。

 

以下の方法でシミの性質は簡単に見分けることができます。

①汚れに水を一滴垂らしてみる

1074_4

②汚れに水が染み込めば水性のシミですが、汚れに水が染み込まず、はじいた場合は油性のシミ

1074_5

たったこれだけのことですが、知っている場合とそうでない場合とでは、その後の対処の方法が大きく変わってきますので、覚えておいて損はないと思いますよ。




おすすめ記事:宅配クリーニング口コミ評判