【液体洗剤VS粉末洗剤】それぞれのメリット・デメリット

現在はドラム式洗濯機が普及したので液体洗剤を使う方が多くなってきました。

もちろん、縦型自動洗濯機でも液体洗剤は使えるので、愛用者は少なくないはず。

現在の若い方は、洗濯石けんと聞くと液体の方を思い浮かべる方のほうが多いかもしれませんね。

しかし、ドラッグストアの洗濯石けん売り場では、有名ブランドの粉末石けんがズラリ。

「部屋干し用」など、洗浄能力だけではなくニオイのことも未だに改良しながら販売しています。

粉末石けんの人気も決して衰えていない状況が続いていているのです。

同じブランドであっても「液体」「粉末」と二種類作っているケースも多く、洗濯初心者さんは戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

簡単に言いますと、「液体洗濯用洗剤」と「粉末洗濯用洗剤」の大きな違いは、どのような汚れに強いかという『汚れへのアプローチ』の違いなんです。

それでは、その辺りも詳しくご説明させていただきますね。

 

液体洗剤のメリット・デメリット

ekitaifunmatusenzai_1

汗などの嫌なニオイを落とすことに非常に優れています。

抗菌効果も抜群で、部屋干ししてもイヤなニオイが部屋に広がりません。

液体洗剤(詰め替え用以外)のボトルに計量キャップが付属してありますので、洗濯機の大きさや水の量に合わせて注入することが簡単なのも大きなメリットです。

水に溶けやすいので、冷たい水で洗濯しても石けんカスが出るということはありません。

 

また、成分ですが、粉末石けんの多くが「弱アルカリ性」なのに対し、液体石けんのほとんどが「中性」です。

ekitaifunmatusenzai_2

中性洗剤は弱アルカリ性の粉末石けんより洗浄効果は落ちますが、ウール素材などのデリケートな衣類などに適しています。

オシャレ着専用の洗濯石けん(中性)も販売されていますので、デリケートな衣類を守りながら洗いたいときは使い分けるようにしましょう。

液体洗剤は、性能上蛍光漂白剤を保持するのが難しく、洗浄効果は粉末石けんよりも低めになってしまいます。

原則として汚れが強い場合は、原液に付け置きしたほうが良さそうです。

 

デメリットは、やはり粉末石けんと比べると割高になってしまうことでしょう。

ドラッグストアの安売りの日などに、詰め替え用を上手に購入する必要がありそうです。

 

粉末洗剤のメリット・デメリット

ekitaifunmatusenzai_3

粉末洗剤の大きなメリットと言えば、やはり高い洗浄力があげられます。

お手元に粉末洗剤がある場合は、成分を見てください。

ekitaifunmatusenzai_4

ほとんどの粉末洗剤は「弱アルカリ性」となっているはずです。

衣類の汚れのほとんどが酸性のものですので、汚れの反対となるアルカリ性が抜群の効果が期待できることがわかります。

 

そして、もう一つ魅力的なのが安さ。

今は節約している方が多いので洗濯石けんにお金をかけたくないと思っている方も多いはず。

液体石けんに比べると、粉末石けんは安く購入できるという大きなメリットがあります。

しかし、ここでデメリットも出てきます。

粉末石けんは冷たいお水に溶けにくく、冬場の冷たいお水にそのまま入れてしまうと洗濯機の中で溶け残って衣類に付着してしまうことがあるのです。

粉末石けんは「一度お湯に溶かしてから使う」ということが推奨されています。

ここで少し手間がかかってしまいますので、安さの裏には「手間」が潜んでいるというわけです。

 

しかし、そのぶん洗浄効果は抜群!

本来付け置きすることが望ましい状況の泥汚れや食べ残しの汚れなども、そのまま洗っても十分洗浄できるほど高い洗浄力を持っているのが粉末石けんですので、お子さんのいるご家庭などにはピッタリです。

コストを抑え、洗浄能力を優先する方は是非粉末石けんを使用して洗濯してみてください。

粉末石けんは粉状ですので、保管中に成分機能が落ちてしまうといったトラブルもありませんので安心して長く使ってくださいね。

中身がかたまってしまったら、やはり水に溶かしてから使うのが一番の方法です。

 

≪粉末石けんの溶かし方≫

粉末石けんを使用するときは、普段から「溶かしてから使う」ということを意識してください。

そんなに大きな手間はかかりませんので是非習慣化させてくださいね。

≪用意するもの≫

  • バケツ
  • 粉末石けん
  • 泡立て器

 

≪粉末石けんの溶かし方≫

1:バケツに1リットル~5リットルのお湯(40℃ほど)を入れる

2:お湯の中に粉末洗剤を入れ、泡立て器でかき混ぜる

ekitaifunmatusenzai_5

3:洗濯機に入れて洗濯する

 

このとき、バケツに入れる順番を間違えないようにしましょう。

お湯の前に石けんを入れてしまうと底にかたまってしまうことがあります。

また、お湯に石けんを入れたらすぐに泡立て器でかき混ぜてください。

何もせずに長時間放置すると石けんの膜ができてしまい溶けにくくなってしまいます。

 

まとめ

一番効果的なのは、液体石けんと粉末石けんを二種類用意し、汚れによって使い分けるということです。

汚れに合った洗剤を選んで洗濯することにより、あなたの衣類は今まで以上に清潔な状態を保てますよ!




おすすめ記事:宅配クリーニング口コミ評判