タンス収納はたたみ方がポイント~下着・衣類編

タンス収納はたたみ方がポイント~下着編

マンションやアパートに住んでいると、最初から収納(クローゼット)などがついている場合がほとどんですが、都心部から離れたり、少し築年数の古い家だとクローゼットがついていないこともしばしば。

そうなると、衣類は自分でタンスを購入し、その中に収納することになります。

ですが、狭いマンションだと何個もタンスを置くスペースもないため、できれば必要最低限の大きさと個数のタンスに衣類を上手に収納したいものですよね。

今回はタンスの中の小さな「困ったアイテム」である下着系について上手な収納方法をご紹介いたしたいと思います!

トランクス

男性のトランクスは、たたみかたによってはタンスを大幅に使ってしまいがちです。

スソが広がっているので、上手にたためないとお悩みの男性も多いのではないでしょうか。

しかし、たたみ方を変えると、非常にコンパクトに整理することができますので、以下の方法でたたんでみてください。

タンスを開けたときの見栄えも綺麗ですし、たたみ方も簡単です。

  1. 全面を前にし、シワを伸ばす
  2. 左側の3分の1を中央側に折る
  3. 同じように右側の3分の1ほど中央側に折る(すそ広がりの長方形型となります)
  4. ゴムの部分を縦に3分の1ほど中央側に折るsyunousitagifuku_1
  5. 同じようにすそ側からも縦に3分の1ほど折り、ゴム部分に入れ込むsyunousitagifuku_2
  6. シワを伸ばし全体が四角形になるように形を整える

 

ショーツ

syunousitagifuku_3

女性用のショーツは小さなものが多いと思いますが、レースやリボンがついていることも多く、できるだけ綺麗にたたんでタンスに収納したいものですよね。

100円ショップなどにも下着のタンス用仕切りなども販売されていますので、安くタンスの中のショーツを仕分けることができるようになりました。

また、同じく100円ショップなどで小さなビンを購入し、オシャレにショーツを収納している女性もいます。

ショーツは、デリケートな素材も多いと思いので、ここで正しいたたみ方をマスターしてくださいね!

 

  1. 全面を前にし、シワを伸ばす
  2. 左側の3分の1ほど中央側に折るsyunousitagifuku_4
  3. 同じように右側の3分の1ほど中央川に折る(長方形型になります)
  4. ゴムの部分(ウエスト部分)を縦に3分の1ほど中央側に折る
  5. 下部分をゴム部分の中に入れ込み形を整える
syunousitagifuku_5

※トランクスもショーツも基本的に同じたたみ方ですが、中でシワにならないように形を整えることがコツですよ!

 

ブラジャー

syunousitagifuku_6

ワイヤーのあるブラジャーは、収納がしにくいのでタンス内のスペースもとりがち。

個人的には、型崩れなく綺麗な状態を保ちたいので、ブラジャーはたたまずに収納しているのですが、やはり引き出しを一つ使ってしまうのはイタイです。

こちらでは、できるだけ型崩れさせない形でのブラジャーのたたみ方をご紹介いたしますので、コンパクトにまとめたいといった方は是非参考になさってください。

  1. ホックをはずす
  2. 右側をワキのラインで中央側にたたみ、同じく左側もたたむ
  3. 中央で半分に折り、上下どちらかのカップのふくらみに押して合わせる
  4. カップ中央部にストラップを掛ける

 

ソックス

syunousitagifuku_7

意外と知られていないのがソックスのたたみ方。

かさねて上で一緒にまるめる…という方法は昔ながらのソックス収納方法ですよね。

しかし、この昔ながらのやり方では、タンススペースを大きく使ってしまい、見た目も美しくありません。

ソックスは、きちんとたたむことによりコンパクトで尚且つ美しく収納することができるのです。

  1. シワを伸ばしたソックスを同じソックス同士重ねる
  2. つま先部分をかかとの高さまで折る
  3. さらに上に向かってもう一度折り、三つ折りになるようにする(ソックスが長い場合は四つ折りにしてください)
  4. 外側のゴム部分を両方の親指を使ってくるりと折り返し、包み込む
syunousitagifuku_8

 

ストッキング

syunousitagifuku_9

女性の多くが困っているのがストッキングの収納方法です。

中には、くるりと縛ってタンスへポイ…という荒業もありますが、やはり女性ならタンスを開けたときの見栄えにもこだわりたいものですよね。

ストッキングはデリケートで伝線しやすいので、できるだけ綺麗にたたんで収納しましょう!

  1. シワを伸ばし、中央の縫い目で折る(両足を重ねるイメージです)
  2. 中央で半分に折る(2分の1の長さになります)
  3. さらにもう半分に折る(4分の1の長さになります)
  4. ゴム部分をひっくり返し、全体をくるむ
  5. 平らになるように形を整える(収納するときは輪の部分を上にすると見た目が綺麗です)

 

タンスは引き出しがついているので非常に便利な収納アイテムです。

だからこそ、正しい収納方法でコンパクトに綺麗にたたむことで、格段に使い勝手が良くなります。

下着関係は小さなものが多く、タンスの中がグチャグチャになってしまいがちですが、美しいたたみ方をマスターすると、収納するのも楽しくなってきますので、是非チャレンジしてみてくださいね!

 

タンス収納はたたみ方がポイント~衣類編

小さなお子さん用の衣類なら意識しなくてもコンパクトにたためるのですが、大人用の衣類だとTシャツであってもかさばってしまうものですよね。

タンスは家の中でも大きな家具の部類に入ると思いますので、そんなに多くのタンスを所有できない・したくない…という方がほとんどではないでしょうか。

特にひとり暮らしのワンルームに住んでいらっしゃる方なら、一つのタンスに上手に衣類を収納したいといった方も多いと思います。

そんなときには、まず衣類のたたみ方をマスターしてみてください。たたみ方一つで驚くほどにタンスの中が片付きます。

コンパクトにたためる方こそタンス収納の達人なのです!

Tシャツ

普段着にも部屋着にも大活躍のTシャツですが、値段もお手頃でついつい買い込んでしまうという方も多いと思います。

タンスに入りきらなくなったTシャツを捨てる前に、まず正しいたたみ方にチャレンジしてみてください。

コンパクトにたたむことによって、タンスのスペースはもっと広く使えるようになります。

 

  1. Tシャツを裏にした状態で床に置き、シワを伸ばす
  2. 左側を中央側にたたんで袖をワキのラインに折り返す(収納場所に合う大きさにしてください)syunousitagifuku_10
  3. 同じく、右側も、中央側にたたんで袖をワキのラインに折り返す
  4. すそのほうから半分に折るsyunousitagifuku_11
  5. もう少しコンパクトにしたい場合は、再度折る

 

パーカー

syunousitagifuku_13

ポーカーは、ぼうし部分が邪魔になって綺麗にたためないことが多いですよね。

パーカーの正しいたたみ方を知らない方も多いかもしれません。

しかし、そんなに難しいテクニックは必要ありませんので、是非この機会に綺麗に、そしてコンパクトにパーカーをたたんで収納しましょう。

 

  1. パーカーを裏にした状態で床に置き、シワを伸ばす
  2. パーカーのぼうし部分を中央に首の付け根あたりまで折るsyunousitagifuku_14
  3. 左側を中央にたたんで袖部分を折り返す(収納スペースに合わせた大きさにしてください)
  4. 同じように右側も中央にたたんで袖部分を折り返すsyunousitagifuku_15
  5. すそのほうから半分に折る(もっとコンパクトにしたい場合は三つ折り、四つ折りにしましょう)
syunousitagifuku_16

 

パンツ

syunousitagifuku_17

パンツ類は正しい方法で収納しなければ嫌な折ジワができてしまいますので、注意してください。

そして、男性用パンツなどはタンスの中でかさばることが多いので、できるだけコンパクトに収納したいものですよね。

簡単なたたみ方ですので、是非マスターしてください!

  1. パンツの真ん中で二つ折りにする
  2. すそから、3分の1ほど上に向かって折る
  3. もう一度折る(もっとコンパクトにしたい方は三つ折り、四つ折りにしましょう)

 

トレーナー

トレーナーも、パンツ同様タンスの中でかさばってしまうことが多いアイテムですよね。

ここで、洋服屋さんのように美しくコンパクトにたたむ方法を公開いたしますので、是非チャレンジしてみてください。

慣れれば簡単ですし、タンスを開けたときの見栄えも綺麗ですのでおすすめです。

  1. トレーナーを裏返しにして床に置き、シワを伸ばす
  2. 左側を肩のライン半分あたりを目安に中央に折り、袖を付け根部分から折り返す
  3. 同じく右側を肩のライン半分あたりを目安に中央に折り、袖を付け根部分から折り返す
  4. 下から、丈の長さを見ながら三つ折りか四つ折りにする

 

パジャマ

現在は部屋着として日常的に着ている方も多いですよね。

パジャマは寝具ですが、そうとも言いきれない時代になってきました。

そういう私も「家ではパジャマ派」だったりします(急な来客に慌てることもしばしば笑)

パジャマはリラックスするのに最適な衣類としても活躍しますので、是非綺麗にたたんで収納してくださいね。

ここでは、パジャマの上下を“一緒にたたんで収納する”という方法をご紹介いたします!

 

  1. ズボンをスラックスのような折り目がつくように、縦に左右たたむsyunousitagifuku_18
  2. すそのほうから上に二つ折りにするsyunousitagifuku_19
  3. さらに、ウエスト部分からも再度折る(4分の1の長さになります)
  4. 上着のボタンをはずし左側から中央にたたみ、袖を折り返す
  5. 同じく右側からも中央にたたみ、袖を折り返す
  6. 途中までたたんだ上着の肩のラインに合わせるように、さきほどたたんだズボンを置き重ねるsyunousitagifuku_20
  7. 上着でズボンを包むようなイメージで二つ折りにする(収納スペースに合わせて三つ折りにもできます)

 

まとめ

衣類のたたみ方は、難しいようですが慣れれば簡単に綺麗にたたむことができます。

綺麗にたたんでタンスに入れることにより、シワ防止にもなりますし、小さなタンスでも効率的に衣類を収納することだってできるんです。

100円ショップなどでも、タンスの仕切りグッズなどが豊富に揃えられていますので、是非機会があればチェックしてみてくださいね。

タンスを開けたときに、洗濯石けんの良い香りと、美しくたたまれた衣類があると生活が潤う感じがしませんか?




おすすめ記事:宅配クリーニング口コミ評判